4 月13日の試合報告

13日の Bantengsとの試合の報告をします。

場所、時間:ISCIにて 16時―18時

参加者: FW:石橋カイチョウ、鴨川カントク、島村、福原、原ドック、吉岡、北ジャイアン、西浦パパ+キッド、安齋シハン、飯島、柴崎シャチョウ、藤島親方、

BK:田坂キャップ+キッド、小平オンタイ、守クミチョウ、晴山、高野、三田、清水、大矢、橋本グル、榎原、向野、秋田、真澄、しもた(計 28名)

試合報告

レフェリー:守さん

10人制で12分*5セット、

1セット: (20)―――トライ数の比較

      吉岡選手中央へトライ、

      福原選手左隅へトライ

2セット: (12

全員でつないで、榎原選手トライ

ハンドオフをやられ、中央からトライされる

ディフェンスラインの裏にキックされ、持ち込まれトライ(背番号10番の選手)

3セット:(01

相手陣地に攻め込むも、ボールを取られ、つながれ左へトライ

 第4セット:(20

全員でつないで、三田選手中央へトライ

早野、三田選手中央へトライ

5セット:(10

榎原選手からタイミングの良いパスを霜田選手が受け、防御をかわしトライ 

お詫び(弁解)、その他感想

 ①今回のレポートは、ビデオを撮りながらのメモで、詳細は記録できずでした。(意外と、カメラを回すと画面に集中しなくてはならない)

  (第4セットの後半からは、出場の準備で試合のレポートに専念できず、ちょっと記憶が定かでない)

        それでもひとつ気づいた事は、ディフェンスで、平面が出来なかったときに相手にやられた。 

  内山監督、中川コーチに教わった事が出来てないときにやられた。

  相手陣地に深く蹴ったボールを、バックスの10番に取られる。 

  その時JJRGは攻撃なので23人が攻め上がるが、ボールが相手に渡ったので、その時点でJJRGはディフェンスになってしまう。 

  でも、ボールを追っているのは23人だから、ディフェンスの平面が作れず、そこを切り込まれたように見えた。

 

お腹の周りの測定を試合後に原ドックにより行われた。(先週測定をされなかった方)

   FW:石橋カイチョウ(101)、安齋(76)、藤島親方(89)、早野(88.5)、柴崎(88)

    BK:大矢(73)、清水(85.5)真澄(79)、榎原(80.5)、向野(93)、橋本(75 

ISCIで夕食

 試合後、ISCIのレストランで選手、ご家族で楽しい懇親会を行いました。

しもた

IMG_0528?Bantings?