5/28(水)スナヤン練習報告

5/28の練習より復帰したこーすけです。
なお今回より、なべともが合流しております。
以下練習報告致します。

参加者
福原Vice、宮本さん親子、柴木さん、井上さん、小川さん、マイケル、なべとも、こーすけ、バンテンズより2名(計11名)

1.グランド1周ジョグ

2.3人1組縦一列で、ダウンボール、右左ポップ
◆前のプレーヤーがボールをもったら後ろのプレーヤーはすぐ声をかける

3.サーキット?
両足ジャンプ→片足ジャンプ→片足ジャンプ斜め→後ろ向きジャンプ→手をついて両足ジャンプ 2セット

4.タッチフット 3本先取 2セット
1セット目-7回タッチ、ディフェンス1mバック
2セット目-5回タッチ、ディフェンス1mバック、タッチしたプレーヤーは次のタッチはできない
◆後半疲れてくると、ノミネート、コーリングがなくなってくるので、きつい時こそ声を出す。声を出して他のプレーヤーを動かす。
◆ハーフにすぐ入っていいテンポでアタックができているとトライに結びついているので、周りのプレーヤーがボールに対して早く寄る
◆あと少しでトライというところでノックオンやパスミスがあったので、ハンズアップなど基本的なハンドリングスキルをしっかりと行う。

5.3対2
◆限られたスペースの中でディフェンスを抜くために、アタックの内側のプレーヤーはインサイドランをしてディフェンスを引き付けてパス。
◆流れないように惰性でアタックを開始せず、ラインができたのを確認してインサイドラン。
◆最後にボールをもらうプレーヤーはスピードつけてディフェンスをふりきる

6.3対1(キックパス)
1人がキックを蹴り、3人がそれを追いかけてボールを確保、アタック開始。蹴ったプレーヤーはアタックがボールをとった時点で出ていき ディフェンス。
全員がボールにさわる。1セット2本。ミス、ディフェンスにつかまったらアゲイン。
◆最初にボールをとった人間はストレートランでディフェンスを引き付ける
◆残りの二人は左右後ろについて三角形の形をつくる。そこからコーリングしてパスをもらう。
◆3対1で基本的に抜けるはずなので、一人目はしっかりディフェンスを引き付けパスをもらうプレーヤーはスピードをつけてもらう。

7.腹筋、背筋
◆日本人は体の前の部分ばかり鍛える傾向があり、バランスが悪くなるので後ろの部位を鍛える。後ろは一人では鍛えづらいので練習の時など に組み込んでいく。

1カ月ぶりに復帰しましたが、やっぱりラグビーはいいですね。楽しい!!
とりあえずは来週末の練習試合に向けて頑張っていきましょう。

こーすけ